秘書検定を取得すると就職に有利?何かメリットはあるの?

自分のスキルを高めるための資格として、秘書検定を考える方もいるでしょう。「秘書検定はビジネスマナーを身に付けるのに役に立ちそう。」とか「オフィスワークに就くのに有利そう。」なんて言うイメージがありますよね。

こんな色々な可能性を感じられる秘書検定は、本当に取得して意味があるものなのでしょうか。資格を取得することで、就職活動が有利になるのでしょうか。

秘書検定ではオフィスワークに必要なビジネスマナーが身に付けられる

企業の規模にもよるのですが、一般企業には「秘書」と言われる職業の人がいます。なので、秘書検定に関しても、同じように秘書になるに相応しい能力が問われる試験なのだと考えている方が多いでしょう。

ただ、実際にテキストや問題集を見た方は、秘書の実務に関係する内容以外に社会人としてのマナー、お客さんの対応、電話応対、会議の準備などの技能問題も出題されます。

つまり、秘書検定を受けることで学べるのは秘書としての能力以外に、ビジネスマナーやビジネスに関する知識などです。

このような事を学ぶ秘書検定の受験者には、秘書としての業務に携わっている方、秘書を志望している方、学生などはもちろんのこと、オフィスワークに就いている方、オフィスワークを目指している方などが多いものです。

秘書検定は級によって試験スタイル、知識や技能の専門性が異なる

秘書検定には3級、2級、準1級、1級と級があり、級によって試験スタイル、求められる知識や技術の専門性が異なります。

まず、3級では基本的な秘書の実務、技能などが求められ、筆記試験のみで合否が決まります。2級では一般的に秘書の業務で求めれる知識や技能について学ぶことができ、3級と同じように筆記試験のみで合否が決まります。

準1級では今までの筆記試験に加えて面接試験も増えて、専門性の高い秘書の実務に関する知識や技能が求められます。

1級では秘書の実務に関してより高い知識や技能を確かめるために筆記試験と面接試験が行われるのですが、実はそれだけでは準合格でしかあり得ません。

1級に合格するためには筆記試験と面接試験で準合格して英検2級を取得し、さらにペン字か珠算などの選択科目から1科目を取得する必要があります。

秘書の実務に関する知識や技能だけを考えるなら準1級までのレベルを目指すのでも良いのですが、英語力や計算力、ペン字などのより専門性の高い秘書としての能力を証明するなら1級を取得するのが良いでしょう。

秘書検定を取得すると、秘書の実務に関する知識や技能を備えていることの証明になる!

「秘書として活躍するなら、わざわざ秘書検定を取得しなくても実務に就いてしまえば良いではないか。」と思う方もいるでしょうね。

確かに、資格無しで秘書になれるのなら、実務を通して学べるのが一番です。とは言っても、現実的には、志願しているからと言って誰もが秘書になれる訳ではありません。

なので、実務に就く前に、出来る範囲で秘書の実務に役立つ知識や技能の習得するのが良いでしょう。秘書検定を取得すれば、一定レベルの知識や技能を習得していることの証明になります。

秘書の実務に関する知識や技能があるかどうかが分からない人よりも、秘書検定を取得していて知識や技能のレベルの分かる人の方が、採用する側としても安心ですよね。

秘書検定は秘書やオフィスワークを目指している方、ビジネスマナーを身に付けたい方に良い資格です。資格は取得して損なことはなく、むしろ取得しておけばそれだけでどれだけの知識や技能を身に付けているかの証明になります。

就職活動の際に履歴書の資格欄に堂々と「秘書検定○級取得」と記入すれば、レベルのアピールになりますし、就職する前に一定のレベルに達するための努力をしたことのアピールにもなります。

秘書やその他のオフィスワークを目指している方は、ぜひ就職活動のための第1ステップとしても、自身のスキルアップとしても秘書検定の取得を目指してみましょう。

秘書検定に合格しよう!

秘書検定は学生や社会人などに幅広く人気がある資格です。就職活動や転職活動の際に自分のスキルをアピールすることが出来ます。

また、秘書となってはいますが、学習内容はビジネスマナー全般に及びますので、秘書を目指す方以外でも学んだ知識を活かせるのが特徴です。

秘書検定の勉強方法
秘書検定の勉強方法について紹介しています。まずはじめにどのように勉強すればよいのかなどを学びましょう。

秘書検定の資格ってどんなもの?
秘書検定とはどのような資格なのでしょうか?取得した場合のメリットなどを紹介しています。

秘書検定でよくある質問
秘書検定を取るとどのようなメリットがあるのでしょうか?よくある質問を紹介します。

このページの先頭へ