就職活動に余裕を持って準備する

準備は余裕をもって

秘書検定に欠かせないものとして、当日の持ち物以外では、とにかく勉強をして一定レベルに達していなくてはいけませんね。検定で必須となるものは合格できるだけの知識ということになります。

学習方法についても何パターンかありますので、最適なものを選ぶと合格率はぐんとあがります。費用をかけるのか手間をかけるのかで道筋が変わります。

つまり、学生が卒業に間に合う11月や2月に取得しようと思っても、不合格の場合には就職するときには間に合わないでしょう。

内定をもらうために、履歴書にも「秘書検定取得に向けて学習中」と書いてアピールすることもありますが、間に合わないというのではいささか問題かもしれないですね。

この様な問題も出る可能性がありますので考慮して学習して下さい。最短で効果的な方法というのも検討した方が良いかもしれないですよ。就職活動を考え、余裕を持って資格取得の準備をしておいて下さい。

検定を受けるに当たって準備を

受験準備としてしなくてはいけないこともいろいろあります。受験の申込みや支払いなどの手続きをすることになりますね。1~2ヶ月前から受験申込みが始まりますので、スクールや書店にて申請用紙も受け取って下さい。

そこに記入してから送付し、別途受験費用の振り込みをして受験票が届くのを待ちます。受験票には証明写真を添付しますが、はがれてもわかるように受験番号と氏名の記入をしておきましょう。

試験を受けたら合格発表を待ちますが、解答速報が出ますので、大まかに合否がわかるものとなっています。暫定的に結果がわかるので、目安として待っていることになります。

1ヶ月程度で確定の内容がわかりますので、その後合格証書が届いて完了と言うことになります。一連の流れについても把握していると、合否結果が出るまで安心でもあります。途中漏れのないように手配をするようにしましょう。

速報については参考として見る程度にして下さい。これによって合否が決するものではありませんね。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ