秘書検定でどれだけ優位に?

やはりビジネスに精通している

秘書検定を持っていると有利になるのですが、ビジネスに精通していると言う点で非常にメリットがあります。会社についても組織構造を曖昧に覚えていたのが非常に明確にわかるようになります。

3級を取得したからといって経済新聞がスラスラと理解できるようになるほどではないのですが、資格を持っていない人よりも理解力は持てるようになります。

上司と取引先のお客様の会食に秘書が同席することは稀ですが、たとえ他の社員だとしても一緒にいる以上は会話に参加しますよね。

最低限どころかかなりハイレベルな話しについて行けないと、上司としても恥をかくことになってしまいます。どういう社員教育をしているのかが問われるシーンですよね。

秘書検定に合格して初歩的なことが理解できるようになったら、その後のプラスアルファの努力によって相応のレベルアップを図ることが可能になります。

これだけ分かれば社会人になっても自身が持てる

社会人1年生として企業に入る場合誰もが緊張します。なかなか、自信満々で新生活を楽しめる人はいないのではないでしょうか。

言葉遣いも礼儀も出来ていなくて当然ではありますが、そういう状態が平気な人ですと、これから成長するのか疑問に思ってしまいます。

入社前に秘書検定を取得しているのが理想的ですが、間に合わなくても半年かけずに取得できる資格ですので、6月もしくは11月の試験を受けてみても良いのではないでしょうか。

資格手当が出る企業もありますし、日常的に必要なことが学べますので、スキルの底上げをするのにも役立ってくれますよ。

成長過程が見えることによって周囲から好評を得ることが出来るようになるというメリットもあります。いつまでも成長しない新入社員と比較しても頼もしい存在として信頼される人材になっていけますね。

こういったことが後の給与にもジワジワ響いてくるものだと思ってかまいません。頑張って自分に付加価値をつけてみましょう。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ