秘書検定を持っていると見えてくるもの

秘書検定でわかること

秘書検定を取得するとわかるのですが、今までの来客・電話応対がどれほど出来ていなかったのか、また以前に作成したビジネス文書がつたないものだったのか、がっかりするほどわかりますね。

それは逆に、試験勉強を終えて資格を取得出来たことによって、自分がどのくらい成長できたのかがわかる瞬間でもあります。

ワンランク上の社会人になったこともあり、正しくいろいろなことに対応できる能力を持ったと思うものです。

面倒だと思っていた社内外文書にしても、マナーやコツを身につけているため、何の苦労もなくパッと作成できるようになっているんですよ。

営業職でも接待をする時にいろんな物足りなさがあったとしても、資格を取得していれば堂々としていられます。自信を持てる証になるのではないでしょうか?

ベースの出来ている社会人では、これからの将来性にも明るいものが待っていると思って構わないですね。

秘書に求められる資質

秘書として欠かせない資格ですが、一般職よりもさらに業務円滑化の実感が出ますね。これから秘書を志望しようとしている人でも資格を持っていなかった時と比較して、面接時の質問内容もグッと踏み込んだ話になるのです。

実務経験あり資格なし、よりも、未経験資格ありのほうが現場でも即戦力として期待がされます。秘書を目指すのなら秘書検定を取得していて当たり前でもあります。

履歴書にもきちんと記載できるものですし、級が上なら上の方が就職や転職も有利になっていきます。

プラスして経験を積んでいくと、より知識も深められますね。それによってもっと上の級に挑戦しようと思うようになるでしょう。

日常業務に資格が直結しているものでもありますので、秘書を目指していくのなら最低でも2級の取得はしておく方が良いです。

基本的なことに関しては3級でも学習しますが、これだけで十分と言えるレベルではないと考えておいた方が良いですね。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ