秘書検定は役立つのか?

秘書になるなら必須の資格

秘書になることを志望しているのなら秘書検定を取得しているのは必須だと思って良いでしょう。

もちろん初めはなくても実務経験があれば大丈夫では?と考える人もいますが、秘書としてのスキルを証明するにも資格は持っていた方が良いのです。

秘書でも有能であればヘッドハンティングという可能性はあります。しかし、その当人が秘書検定の3級も持っていないとしたら、ちょっとお話にならないこともあります。

その他の仕事でもあると便利な資格ではありますが、秘書であれば絶対になくてはならないものと思っておいたほうが良いでしょう。特別な仕事と言えばそうですので、企業のトップと接する機会が多いことも考えると資格なしでは考えられません。

上席者と関わる上で封書1つをとっても勝手に開封してはいけないとか、お取引先のトップとの会食の手配など失敗できない内容も学んでおく必要がありますよ。

他の業務でも役立つ?

特に秘書を目指していなくても秘書検定は役立ちます。今はどこの企業でも1から新卒を育てる余裕はなく、ある程度のレベルに達している人から採用する傾向が強くなっています。

一般常識に関しても同様です。仮に新人が電話応対で、「○○部長はいらっしゃいますか?」と聞かれて「トイレに行っていていません」と言う答えをした場合にはぞっとしますよね。

この時は「席を外しておりますが・・・」として用件を聞くなり折り返しとして先方の名前や電話番号まで確認しておくものです。こんな初歩的なことから直していかないといけない人材は、職場でお荷物になってしまいます。

こういったことが多くなった結果として秘書検定がクローズアップされるようになったということもあるんですよ。今更聞けない超常識を見直していくのにも良いため、新卒以外にも資格取得を検討する流れになっています。

新人の育成にも知識が必要で人事でも重用される資格ではありますね。こっそり受けておくというのも良いのではないでしょうか。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ