独学で勉強する場合

独学のメリット・デメリット

独学で秘書検定の勉強をするメリットとデメリットをご紹介しましょう。メリットとしては受講費用がかからないので最も安くてすむ方法となります。学習場所や時間が自由に決められますので負担も少ないものでしょう。

その他には、計画性を持っていれば受験のタイミングも自分で設定できます。デメリットとしては質問する相手がいませんし、テキストや問題集を自分で選ばなくてはいけないということです。費用がかからないだけ手間をかけることになります。

また自由度と比例して挫折率も高くなると考えて構わないでしょう。全て自分で管理することになって大変だと思います。

通信や通学と異なっており、オリジナルの模擬試験を受けるチャンスもありませんので、場慣れをすることも中々難しいですね。

この様に考えるとデメリットのウエイトが大きいものではありますね。検討してみた方が良いでしょう。

費用や学習期間

合格までの学習期間としては6ヶ月程度が目安になります。ただし、計画的に学習して合格できれば良いのですが、そうではないのならもっと長くかかることになりますね。

毎日同程度の時間、勉強をして試験時間に合わせたタイムコントロールも出来るようにして下さい。また問題集で過去問を解くときには、この感覚が大事になりますので時間を計って実践しましょう。

費用としては最も安くテキストと問題集を購入しても3,000~4,000円程度になりますね。その他にかかるものとしては、受験費用と会場までの交通費くらいのものです。

しかし、確実な合格力が身につく保証もなく、合格率で考えると低くなってしまう可能性もかなり高いものなのではないでしょうか?

色々と他の学習方法へと変更していくという人もいますので、あまりオススメの学習方法ではないのかもしれませんよ。

最初に挑戦しても構わないですけど、確実生についてはどうなのでしょうか。比較して検討してみるとわかってきます。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ