秘書検定の合格率

合格率としては?

勉強の前に秘書検定の合格率を確認しておきましょう。学生も含めて秘書検定の全体的な合格率は80%程度となっています。級で分けてみると3級で70%程度、2級で60%程度、1級と準1級では、やはり難しく30%程度になっています。

他の難関資格と比較するとやや高めに推移していますが、3級でも不合格の割合は少ないとは言えないレベルでしょう。1級や準1級では面接もあり、かなり難しくなっています。

正解率としてどの程度になるかというと、それぞれのカテゴリにおいて60%は必要となっていますので、出来るだけイージーな問題は落とさないようにしていきましょう。

面接については何が出来れば合格と明示しているものではありませんので難しいところではあります。ケースバイケースで正しい対応をするようにしなくてはいけないでしょう。

学生の他にも社会人の合格率は高く実務性を持っているものとなるでしょう。

試験方法を知っておこう

試験方法について少し詳しく触れましょう。1級は記述問題のみとなっていますので、答案用紙に記入をすることになります。準1級では50%ずつで記述問題とマークシートで解答をしていきます。

2~3級では同じく記述問題とマークシートですが、比較的マークシートの方が割合も多くなります。

問題の配分としてはこの様になっていますが、マークシートの問題が多ければ簡単に合格できるというものではありませんので、手を抜くことなく万全の学習をしておいた方が良いですね。

それぞれ試験時間に合わせた時間のコントロールが出来るように、過去問を解く時にも念頭に置いて問題を解いていきましょう。

試験本番中には、途中退室出来るように30分くらい経過して声掛けがされるようになっています。それも目安にして焦ることはありませんが、きちんと時間配分が出来るように心がけておくと良いでしょう。

これによって逆に余裕を感じる人もいるようです。あくまでも目安でしかありませんが、多く解けていると安心する人がいるのも事実のようですね。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ