通信教育で勉強する場合

通信教育のメリット・デメリット

秘書検定を通信教育で学習するメリットとデメリットについて比較していきましょう。

通信教育では、忙しくてスクールに行けない人にとって、きちんと講師が作成したテキストとカリキュラムで自宅で勉強できることが上げられます。

また、通わなくて良いので空き時間を利用できます。質問するチャンスがあるのかと思ってしまいますが、電話や質問用紙の利用が出来ますので大丈夫ですね。

回数が決まっていることもありますので、まとめて書きためておくと良いでしょう。傾向を見て対策がされていますので、テスト対策としても最適です。

デメリットとしては、スケジュール通りに進まないと試験に間に合わないと言うこともあります。また、自由に段取りしても構わないのでサボってしまうタイプの人には向かないところがあります。

模擬試験を会場と自宅での受験としていますが、自宅受験では雰囲気に慣れられないかもしれません。

通信教育の費用や勉強期間

期間としては4ヶ月程度で多くの通信講座の場合、延長も可能なものとなっています。したがって2回の試験に渡り受講できたりもします。

テキストは1回4ヶ月程度でクリアしていくようにするといいでしょう。講師が添削してくれるものを利用すると、間違えても理由がわかりやすくて正しい学習ができます。

級によってテキストが分かれていますが、基本的なことをきちんと押さえた学習が可能です。

費用については級ごとに分かれているタイプと同じになっているものがあります。目安としては3~4万円程度となっています。

テキスト代と模擬試験の費用については別に考えて、プラス5,000円程度は見ておく感じになりますね。会場を使用しませんので安価に受講することが出来ます。

また、とにかくたくさんの問題に挑戦することが大事ですので問題集のボリュームはあった方が良いでしょう。

記述問題では、特に問題数をこなしているかどうかの差が歴然と出ますので注意をした方が良いでしょうね。

私は秘書検定の資格を取るなら通信教育をおすすめします。

秘書検定を取得するなら下記講座がおすすめです。
資料請求は無料!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒューマンの通信講座 『秘書検定』

このページの先頭へ